男の先生

小学校受験で学力向上!|英語の学習で国際社会を生きる人材に

子どもに合う場所

集団指導塾で入試までのカリキュラに合わせて学習しつつ、苦手分野や授業でついていけなかった部分については個別指導塾、または家庭教師などで補うという方法である。学習塾の中には、集団指導塾と個別指導塾が併設されている場合もあり、子どもの負担も少ない。また、部活や習い事などで時間が確保できない子どもに関しては個別指導塾と家庭教師を併用し、片方はカリキュラムにあわせた学習を、もう片方で苦手分野などを勉強する方法などもある。この様に併用することで、様々なケースにあわせた学習が出来るので、成績をアップさせたいと思うのであれば、考慮するのも一つの手段である。前述した通り、「集団指導塾」「個別指導塾」「家庭教師」など様々な選択肢があるが子供のやりたい事を応援するのが親としての一番重要なことである。子供が部活を頑張っているならそれを応援しながら、スケジュールを組みやすい個別指導塾や家庭教師を利用する。友達と居る事が好きな子であれば、集団塾を利用する。入学したい学校などがあり将来の為に全力で勉強する子であれば、学習塾や家庭教師の併用などを利用する。こういった子供の頑張りたい事や好きな事にあわせた学習方法を考える事で、より子供が伸び伸びと勉強を頑張ろうという気持ちにさせるのが一番大事な事である。どういったところが子供に合っているのかわからない場合、体験をさせると良い。家庭教師などは基本的に体験を行なっていないが、個別指導塾や集団指導塾では行なっているところがある。また、説明会などを実施していることもあるので子供と一緒に参加し、話し合って決めると失敗しないだろう。